© 一般社団法人おせっかい協会 All rights reserved.

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-04-09-7-43-31

淀川区地域福祉推進ビジョン「淀川区おせっかい共和国宣言」

こんにちは。幸せを呼ぶ「おせっかい」な人・街・企業を紹介するこちらのコーナー。本日は「淀川区おせっかい共和国宣言」を含む「淀川区地域福祉推進ビジョン」を打ち出している大阪淀川区についてご紹介させていただきます。
はたして「おせっかい共和国宣言」とは?

淀川区地域福祉推進ビジョンについて

大阪市は、これから進めていく自治のしくみづくりとして「成長は広域行政、安心は基礎自治行政」を基本にし、住民に身近な区役所が区民の方と協働で、地域特性や住民ニーズを把握し、課題解決をきめ細かく実施していくとして行政政策を進められています。(大阪府淀川区HPより一部引用)

実際の取り組みは「子育て支援」「高齢者支援」「障がい者支援」といった分野で活動を展開されています。

おせっかい共和国宣言

そしてその「淀川区地域福祉推進ビジョン」の中で、基本理念として掲げられているのが「おせっかい共和国宣言」です。

HPより抜粋させていただきます。
「おせっかい」・・・というとあまり良い印象はありません。しかし、隣近所の助け合いは、「きっと困ってるのではないか」「何かしてあげたい」という気持ちがあってこそ成り立
つものです。淀川区では今後「おせっかい」をキーワードに地域福祉活動を展開し、プラスのイメージに転換していきたいと思います。そのような考えから淀川区地域福祉推進ビジョンを「淀川区おせっかい共和国宣言」と表現することにしました。
引用元:大阪府淀川区HP

淀川区に住む人たちが、自分たちの街を好きになって街づくりに参画すること。それを目指して事業を展開されています。実際には「福祉活動への参画促進」「地域福祉活動の場づくり」「地域福祉の担い手づくり」福祉教育の推進」などを推し進めています。

おせっかいを善とする考え方

淀川区でも「おせっかい」という言葉を「親身になって相手に関わること」というニュアンスで定義して活動を展開されています。地域が街が、そしてそこに住む人たち一人一人が、ほんの少し相手に関わることをすれば、街がさらに元気になっていくのではないかと思います。

関連情報はこちら

大阪府淀川区HP:http://www.city.osaka.lg.jp/yodogawa/
淀川区地域福祉推進ビジョン:http://www.city.osaka.lg.jp/yodogawa/cmsfiles/contents/0000248/248498/1to8.pdf

merumaga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スクリーンショット 2021-05-09 18.45.30

20215/9

人間力・仕事力を高めるWEB chichiで恵さんの対談記事を掲載していただきました。

人間学を探究し続けて43年の雑誌「致知」。多くの経営者にも愛読者がたくさんいます。 その致知のオンライン版として「WEB  chich…

スクリーンショット 2021-05-08 9.29.08

20215/8

Yahooでも紹介していただきました。

営業の鬼鉄則! 5秒で動け、行動しないことには成功も幸福もない 5月7日に発売された恵さんの新刊「営業の神さまが笑うとき」(秀和システム)…

スクリーンショット 2021-04-30 14.52.58

20214/30

【予約受付中】5月7日発売の新刊

恵さん初のビジネス本が5月7日に発売されます。 コロナ禍で急速なIT化が進む中、人と人との価値観が大きく変化ています。 今後、ますます…

202012/5

1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書

致知出版から11月30日に出版されました「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」。 数々の著名な方々の中に高橋の記事も掲載し…

20199/14

あなたの心に聞きなさい

あなたは今、自分の心のままに生きられているでしょうか。 人生に悩みの種はつきものです。仕事のこと、人間関係のこと、夫婦や家族のことなど………

ページ上部へ戻る